唯「次はペンションに泊まりに行こうよ!」




1: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:31:02.893 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

律「犯人が分かったのか唯…!?」
 
憂「2人を殺した犯人ってこと…?まさか…この中にいるの…?」
 
唯「ん…まぁそうなるかな……」
 
澪「は…はは…もう疲れた私。……もう嫌だよ…」
 
 
唯「澪ちゃんっ!大丈夫だって…!犯人は…分かったんだから…」 




2: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:31:56.579 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

梓「わぁ~!一面銀世界~♪」
 
琴吹家専用のバスに乗り込んだ軽音部のメンバー。
彼女たちは今、Y県にある某スキー場へと向かっている
 
 
唯「大型バス~に乗ってます~♪」
 
律「おいおいここは違うだろ…」
 
唯「ふぇ?」
 
律「…ラーラーラララララーラー♪」
 
澪「さだまさしって…」


3: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:32:24.796 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

唯「りっちゃんあんまし歌上手くないねっ!」
 
律「やかましいっ!」 
 
憂「ふふ…」ニコニコ
 
梓「ホントに唯先輩ってうるさいほど元気だね~…」
 
憂「お姉ちゃん昨日の夜からあんな感じだったんだよ♪」
 
梓「夜からあのテンションだったの?ある意味すごい……」


4: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:33:06.982 ID:NvDlzIvp0NIKU.net

犯人は美樹本


5: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:33:16.151 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

紬「みんならケーキあるから食べましょう♪」
 
律「うわぁ!さすがムギ!」
 
唯「食べる食べる~♪」
 
澪「い…いいのか?着いたらスキーが出来ないなんてことも…」
 
律「もしや澪…太るのを気にしてるとか?」
 
澪「なっ!//バカなことを言うなっ!」



6: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:34:01.224 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

澪「律こそ太ったんじゃないのっ!」
 
律「え…うそ…」チラッ
 
澪「特に~お腹のあたりとか?」
 
律「うわあああん!!」
 
 
梓「ちょ…2人とも…」
 
唯「……んまんま♪」モグモグ
 
和「ほら唯…ほっぺにケーキついてるわよ」ヒョイッ
 
 
唯「えへへ~ありがとう和ちゃん♪」
 
澪「……」
 
紬「澪ちゃん?」ヒョコッ
 
澪「わっ!//…び、びっくりした…」


7: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:34:32.364 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

紬「どうしたの?ボーとしちゃって♪」
 
澪「いや…たまにはアリかなって」
 
紬「?」
 
澪「こ、こうやって部活のためじゃなく旅行するのも……まぁいいかなって思って…」
 
紬「ふふ♪澪ちゃんらしいわ」ニコッ
 
律「澪はいっつも堅いことばかり言うからな~」モグモグ
 
澪「う、うるさいっ!律は部長なんだからもう少しきちんとしろ!!」
 
紬「まぁまぁ…」


8: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:36:03.029 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

唯「ねぇねぇさわちゃん先生~」ヒョコッ
 
さわこ「すーすー…」
 
唯「ありゃ…寝てる…」
 
梓「どうしたんですか唯先輩?」
 
唯「さわちゃんにもケーキあげようと思ったけど寝ちゃってるの…」
 
梓「さわこ先生も疲れてるんですよきっと」
 
憂「さわこ先生…涎垂らしてるね」
 
澪「ホントだ…。先生ってば子供みたい」


9: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:36:39.771 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

律「ちょっと失礼♪」
 
唯「わっ!りっちゃん…?」
 
澪「またなんかする気だな…?」
 
律「えへへー♪」
 
梓「マジックペン…まさか律先輩…」
 
律「さわちゃんごめんね~♪」キュッキュッ
 
和「ちょっと律!やめなさいよ…」
 
律「まあまあそういうなって…!」
 
澪「呆れた…」
 
紬「…///」ドキドキ


10: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:37:50.328 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

さわこ「ふぁ~あ…うるさいわねぇ…」
 
唯「ぎゃっ起きた!」
 
さわこ「………」
 
さわこ「…何コレ…」
 
さわこは寝ぼけた目で車窓に写った自分の姿を見た
 
唯「こ、これはその…」
 
さわこ「……ふ…ふふ…」ピクピク
 
さわこ「…あーーはははははは!!!!最高よっ!!最高の旅行だわっ!!!!」
 
唯「ひいぃっ」ビクッ
 
律「さわちゃんが狂った!!!」
 
紬「あ、もう着くみたいでーす♪」
 

楽しいはずであるスキー旅行。
バスに乗っている7人に、この後悲劇が降りかかるとはその時は誰も想像しなかった。

ある人間を除いて。





11: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:40:36.319 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

スキー場

 
 
澪「…ふぅ。荒れなきゃいいけど…」
 
紬「澪ちゃ~ん♪」シャシャー
 
澪「お!ムギ!」
 
紬「澪ちゃんスキー上手ねっ♪」ニコッ
 
澪「うん!実は小学生のときからやってたんだ」


12: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:41:12.564 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

澪「…それにしてもムギ、悪いな」
 
紬「え?」
 
澪「いや…全員分のスキー道具用意させちゃって…」
 
紬「ふふ」ニコッ
 
澪「?」
 
紬「私の好意でやってるんだもの♪今はそういうの気にしないで楽しみましょ!」
 
澪「ムギ……」
 
澪「そうだな!」ニコッ
 
律「みーーおーー!!」ズザザー
 
澪「…!!」くるっ


13: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:43:40 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

澪「ば、バカ!真っ直ぐに突っ込んでくるやつが何処に……!!」
 
律「ぶつかるうぅぅ!!」 
 
ドンッ
 
 
澪&律「…!!」ドザドザ…
 
紬「わ!? 澪ちゃん!?大丈夫りっちゃん!?」ユッサユッサ
 
紬「………うそ…」
 
紬「……し、死んでる…」


14: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:44:11 ID:2pNRPry80NIKU.net

10年前のVIPかよ


15: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:45:42 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

澪「…じょ、冗談はいいから早く足引っ張ってくれ………」
 
紬「あら♪ごめんなさい。えいっ!」グイッ
 
澪「ぷはっ!ありがとうムギ」 
 
律「……」ジタバタ
 
澪「全く……初心者のくせにここにくるからだ!」スタスタ
 
澪「っ!」グイッ




16: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:46:12 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

律「死ぬかと思った……」ブルブル
 
澪「こっちのセリフだ!!」
 
律「こっちでもすぐできると思ったんだけどなー」
 
澪「自惚れるのもたいがいにしろっ!!全く……」
 
紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ…」
 
澪「…そういえば梓は?経験者じゃないのか?」
 
 
律「あぁ…梓なら唯を教えてるよ。運動音痴だからな~唯は~」
 
澪「相変わらずだな、唯も」


17: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:50:21 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

ペンション
 
 
唯「わぁー♪ペンションだー!」
 
律「でっけー!!」
 
澪「凄いな…」
 
梓「もしかしてこのペンションもムギ先輩の…」
 
 
紬「えぇ♪でも今日から3日間は貸切りで誰もいないわ」
 
梓「………言葉が出ない…」
 
ビュウゥッ…
 
律「うぅ―!!さみーから早く中入ろうぜっ!」


18: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:50:50 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

唯「ムギちゃん!早く鍵!!」ブルブル
 
紬「はいはい♪」ニコッ
 
紬「じゃぁ斎藤。今日はこれで…」
 
斎藤「はっ!また何かありましたらお電話下さい!」
 
紬「電話するまで迎えのバスを寄越さないでね?絶対よ!」
 
斎藤「はっお嬢様!携帯は圏外なのでペンションの一階にある黒電話を…」
 
紬「分かってるわ。でも本当に余計なことしないでね?それじゃ…」


19: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:52:18 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

唯「ふぉー…」
 
律「わぁ!すげぇ!暖炉があるぞ唯!!」
 
唯「温まろうよりっちゃん!!」ダダダッ
 
律「イエス!イエス!」ダダダッ
 
憂「わあぁ…!」
 
和「広いわね~」
 
澪「ムギ。食料とかは…」 
 
紬「脇のキッチンに冷蔵庫があるわ♪」
 
さわこ「………ゲレンデで誰にも声かけてもらえなかった……」ショボーン


20: ちゃんさぶ 2020/07/29(水) 23:53:35 ID:JnEh+KxX0NIKU.net

ペンションの間取りは以下の通り。

 
一階は吹き抜けになっており、真ん中に大きな談話室がある。
その脇にキッチン、食堂とあり、談話室に繋がる廊下の突き当たりに風呂、トイレなどがある。
 
談話室には大きな暖炉があり、それを囲むようにソファが3つ並んでいる 
 
そして二階。
談話室から階段で上がると個室になっており、

1号室はさわこ。
2号室は澪。
3号室は梓。
4号室は律。
5号室は和。
6号室は唯。
7号室は憂。
そして8号室は紬となった




この記事へのコメント