【シャニマス】P「夏葉と樹里」




1: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:36:38.702 ID:++eGgY78p.net

夏葉(私の名前は有栖川夏葉、世界一以外は目指さない283プロダクションのアイドルよ!)

樹里「おーい、夏葉ー」

夏葉(そして、こちらは西城樹里。とても頼りになる私のユニット仲間よ!)

樹里「話ってなんだよ?アタシだけじゃなく、プロデューサーまで呼んで…」

P「何かあったのか?」





2: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:37:52.817 ID:ZMPpjCbB0.net

果穂「心配です…」

樹里「…って、果穂までいんのかよ!?」

夏葉「ええ、プロデューサーに相談してるところを聞かれてしまってね…まあいずれはユニットの全員に相談しようとは思ってたし…」

樹里「なるほどな…で?話ってなんだよ?」


3: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:38:57.637 ID:ZMPpjCbB0.net

夏葉「実は私…許婚ができそうなの」

樹里「い、許婚!?」

果穂「…ってなんですか?」

P「まあ平たく言えば『婚約者』かな…結婚の約束をする相手ってことだ」


4: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:40:20.077 ID:ZMPpjCbB0.net

果穂「夏葉さん!!?結婚しちゃうんですか!?」

夏葉「そんなにすぐにはしないわよ。少なくとも20代のうちは…」

樹里「ならどうして…」

夏葉「ほら、うちは家が家じゃない?だから独身でいるのはともかく、相手がいないというのは体裁が悪いって言うのよ…」

P「まあ夏葉ほどのお嬢様になるとそうなるか…」


5: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:41:22.120 ID:ZMPpjCbB0.net

夏葉「もちろん結婚するまで存在は伏せていていいとは言ってくれているんだけど…」

樹里「…まあ普通は嫌だよな」

夏葉「そうなのよ、まあうちの両親的には『相手がいない』のが問題らしいから、相手さえいれば解決するんだけど…」

樹里「…プロデューサー、しっかりやれよ」

P「え?俺?」



6: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:43:26.536 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「そうだよ、もうアンタしかいないだろ」

果穂「え!?プロデューサーさんと夏葉さんが結婚するんですか!?」

樹里「何も本当に結婚しなくてもいいんだよ、夏葉が本物の相手を見つけるまでフリをしてりゃいいんだ」

果穂「なるほど!!!!名案です!!!」


7: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:44:41.117 ID:ZMPpjCbB0.net

夏葉「残念ながらそれは無理ね…既に私はプロデューサーのことを紹介してしまっているもの」

P「担当が決まってすぐだったな」

樹里「?それくらい別にいいだろ?」

夏葉「それがね…最初に連れて行った時にだいぶ…その…疑われたのよ」

果穂「…?何をですか?」


8: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:45:38.965 ID:ZMPpjCbB0.net

P「いや、まあその…アイドルのプロデューサーなんて、まぁ言ってしまえば胡散臭いだろ?夏葉の家の財産目当てで近づいたんじゃないのかって目で最初は見られてな…」

樹里「あぁ…なるほどな…無い話じゃねえな」

P「まあ今では放クラも売れてるし、わかってはもらえてるんだがな…」

果穂「そんなことがあったんですね…」


9: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:46:57.130 ID:ZMPpjCbB0.net

P「そんでもって結局はお付き合いしてますなんて言ってみろ、今まで築いてきた信頼がパアだ」

夏葉「それは私としても避けたいのよ」

樹里「なるほどなぁ…じゃあ誰か適当な相手を見繕うしかねぇか…」

夏葉「ダメよそんなの。仮にも私の相手なのよ?それ相応の相手じゃないと…」

樹里「めんどくせぇな!?そんなにこだわんなよ!」


10: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:48:00.201 ID:ZMPpjCbB0.net

P「いや、しかしそれはそうだろう。夏葉の性格を知ってる両親を騙すためには、夏葉好みの相手である必要がある」

果穂「たしかに…」

樹里「ならその好みをさっさと聞いて見つければいいな」





11: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:48:58.267 ID:ZMPpjCbB0.net

P「夏葉はどんな男性が好みなんだ?」

夏葉「別に多くは望まないわよ」

P「そうだな、そうしてくれると助かる」

夏葉「ただ両親的にはそこそこの容姿は求めるでしょうね…」

P「まあ可愛い愛娘の相手だしな…」


12: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:50:02.688 ID:ZMPpjCbB0.net

夏葉「私としては、芯があって、優しくて、頼りがいのある相手がいいわね、将来子育てをすることを考えれば子供の面倒見が良ければ言うことはないわ」

樹里「いや、そりゃねえだろうよ!」

夏葉「収入は…私は気にしないけれど、両親は気にするかしらね…」

P「そうなると…容姿が良くて、収入もそこそこ、芯があって、優しくて、頼りがいがある子供の面倒見がいい男…」


13: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:51:07.263 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「そんな完璧超人がその辺にいるかぁ!」

夏葉「そんなの私にもわかってるわよ!でも仕方ないじゃない!」

果穂「…容姿がよくて…」


14: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:52:07.406 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「ったく、どうすんだよ…そもそもこの事務所で男っていやぁ、他には社長くらいしか…」

夏葉「絶対に嫌」

樹里「ちょっ!?やめろよ!可哀想だろ!」

果穂「収入がそこそこあって…」


15: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:53:24.115 ID:WPSpMM0Sp.net

夏葉「だって…なんかお金の匂いがするじゃない…」

樹里「協力してもらう相手になんてこと言うんだ!」

果穂「芯があって…」




16: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:54:32.672 ID:ZMPpjCbB0.net

夏葉「それに…新婚生活も甘くはなさそうだし…」

樹里「やかましいわ!」

果穂「優しくて…」


17: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:55:32.300 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「大体夏葉だって、新婚生活甘くなさそうじゃねえか!筋トレとか絶対してるだろ!」

夏葉「な!?筋トレは別にいいじゃない!」

樹里「いいけど甘くはないだろって言ってんだよ!」

果穂「頼りがいがあって…」


18: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:56:20.196 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「でも、ほんとそうなったら他にいねぇぞ?」

夏葉「そうなのよ…」

果穂「子供の面倒見がいい…」


19: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:57:26.094 ID:ZMPpjCbB0.net

樹里「やっぱプロデューサーに…」

夏葉「だからそれだけはダメ!」

樹里「じゃあどうすんだよ!こんな相手いねぇよ!」

果穂「居ました!!!!!」

夏葉「え?」

樹里「は?」


20: ちゃんさぶ 2021/06/27(日) 09:58:24.629 ID:ZMPpjCbB0.net

P「そんな男いたか?」

果穂「はい!ぴったりの人がいます!!!」

夏葉「本当に?」

樹里「どこにいるんだよ、そんなやつ」

果穂「ここにいます!!!」




この記事へのコメント